Ge3の掲示板
WELCOME!!
ホーム
Ge3全般
クルマの話題
オーディオの話題
旧掲示板はこちら
Ge3のサイト

Ge3総合サイト

Ge3ライフ

Ge3オーディオ

Ge3カー

壱百弐拾倶楽部

一覧表示 » クルマの話題 » カー » 記事の表示
バイクで速瀬2ダイレクト体感
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.09.25 22:53










昨日オフロードバイク・ホンダCRM250R(1989年式・2スト水冷単気筒)に早瀬2スーパーを投入し数キロ試走しました。
気温30℃近く、湿度90%前後、気圧1015~1017、と燃焼効率最悪の条件下のテストできささんごめんなさい^^;

ところが試走し始めて数秒でびっくり!速攻体感変化として
 (1) 最近高温多湿時に不調で、もあれプラチナ塗り直しで何とか盛り返したエンジンの出力・トルクカーブがでしたが・・・
http://ge3.biz/modules/chaForum/?action=ReplyView&id=10490
さらに改善され、まだまだこれでもかといった感じでウルトラスムーズ&パワフルに。これはチョー素晴らしい!\(^o^)/
 (2) 低回転は勿論、不調時トルクの谷になりやすい中速もシームレス、どの回転域でもアクセルをひねるとタイムラグなしに「シュィーン!」と体を置いていきそうな加速を見せつけます!ピーキーな2スト単気筒エンジンとは思えない進化!
 (3) これに続く高回転の淀みない伸びも圧巻。名チューナーが内壁をツルピカに鏡面仕上げしたワークスMXマシン(写真)がこんな乗り味なんですけど言い過ぎでしょうか?
 (4) エンジン音が静かに。ただ不快ではないがシリンダーから聴こえるカラカラ音が目立って聴こえるように。まだ交換時期ではないがピストンリングか。例によって調整が始まってるかもしれないので様子を見ることに。
 (5) サスの初期作動よくなり乗り心地アップ
 (6) カーブで深くバンクさせた時の安定感向上。リアタイヤの外逃げが減少。
 (7) 中高速コーナーのバンク開始時のフレームのよれが無くなった。
 (8) エンジンの不整爆発が皆無に。どんなアクセル開度でも巡航できる、4ストみたい。ツーリングも快適になりそう\(^o^)/

以上がチョイ乗りでの感想です。

2日目の今日も時間を割いてちょい乗りしました。気象条件は昨日とほぼ同一で印象に今のところ変化はありません。欲を言えば、ブレーキにも効いてほしいのと、最近2速でのアクセルウィリーがしにくくなっているので、このあたりも改善してほしい所です(気象条件がよければこれは今でも軽く上がるかもですが)

同じバイクでの初代速瀬の時のインプレと比べると、もう10年前なので同一視はできませんが、今回の方が性能アップ度合いは顕著です。(注 当時はリアスプロケットをMXレース用に10丁コマ増しで加速重視仕様にしてあった。フロントも上げやすかった)
※ 過去ログ参考記事です→2スト・オフバイク(ミッション車)に速瀬投入 初日 あそーさん 2006/06/27- [2064]

超結界1併用でのテストですが、速瀬2スーパーは、一言で言うと超結界3を使用してた時に近い効果ありです!


なお、予想されるトレーニングに期間ですが、我が愛馬は、バイクが熱かった過激な80年代が生んだ、競技用CRベースの、今考えるととんでもないスパルタンなバイクなので、トレーニングに10日はかかると見ました。

これからいろいろ変化していきそうなのでその都度追記します。
  返信   編集   削除
Re: 6日目 シフトダウンに変化
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.09.29 22:09
不思議なことに、テスト5日目でオーバーフローの症状。

3週間前にキャブクリーナーをエアクリ穴から吹き込んで除去された汚れが、フロートに引っかかってたようで、キャブの某所から強制洗浄オーバーホールしたら、始動性が一番調子が良かった頃より良くなりました。偶然とはいえ意味ありげな現象です。

6日目になると相変わらずの悪天候ですが、低中高速の繋がりがさらにシームレスになり、加速力もさらに上乗せされてきました。

気を付けなければいけないのは、トルクカーブがスムーズになったぶん、気を付けないと思いのほスピードが上がってしまっていることです。

今回のチューンで御初の変化は、これはなかなかどうにもならないと経験上あきらめていたシフトダウン時の不整爆発。こいつがかなり失せ、減速からコーナーに入る時のトラクションの乱れが減少しました。

探索ではトレーニングはあと4日、ブレーキと足回りに変化がまだ出そうな感じですが、ブレーキ周りのケミカル洗浄と、要石25本体とケーブル接合部のもあれプラチナ+塗り直しとシリコン防水をやらなあかんみたいなので、雨上がりの各部給脂も含め週末調整します。
  返信   編集   削除
Re^2: あと1日かな
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.10.02 18:44
7日目と8日目はなぜか中速の不整爆発が再発。

アクセルワークを上手く同調させるとやり過ごせるのですが、調子よくトレーニングが進んできたのに?な感じです。まあ、中速の不整爆発は2サイクルの宿命だし、10月とは思えぬ高温多湿が続いてるのでしかたないかも知れないけど、様々なシチュエーションを走破すべしオフ車としてはこの悪癖を駆逐してほしいところ。瞬時の判断後のシフトダウン無しでの追い越し加速も重要ですし。

でも、始動性は投入前に比べかなりよく、高回転の伸びと勢いもさらに調教が進んでいるので、ここは大らかに様子を見ることに。

ところが9日目の本日、相変わらずの蒸し暑さの中、もしやと乗り直したら、うれしいことに中速のツキが回復、不整爆発=滞りがかなり失せてきました!\(^o^)/

明日でトレーニング終了なので、車体系も含めどのような完成形を見せてくれるか楽しみです。
(あちゃ!エンジンオイル警告灯が点き出したのでより大人しく走るべしか)
  返信   編集   削除
トレーニングほぼ完了か エンジン編
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.10.10 22:17
速瀬2スーパーのトレーニングがほぼ終了しました。

トレーニング開始から7日目辺りで谷があったけど、10日目に改善したのを見届けエンジンオイルを倶楽部員に交換したら、速瀬2の威力がさらにアップ、本領発揮されました!
http://ge3.biz/modules/chaForum/?action=PostView&id=10542

これはオーディオにおいて、機器が倶楽部員でもケーブルが倶楽部員でなければ本領を発揮しないのと似ています(川越えレベルならなおさら)。

2ストにはエンジンオイルとギアオイルの2種類がありますが、我が愛馬の場合、近日ギアオイルを倶楽部員に交換し(先日オーバーフローでギアオイルにガソリン混入した可能性が高い)、エンジンオイル、ギアオイル双方に正しい比率でホホバ油を添加し馴染んでから、正式なトレーニング終了として報告すべきと感じます。

速瀬2スーパーでやはり一番効果が高いのはエンジンで、トレーニング開始時に感じた次の点がさらに1割アップしました!\(^o^)/

その改善点とは
 ・始動性アップ
 ・2ストとは思えぬスムーズかつパワーもりもりな出力&トルクカーブ(排気デバイス能力向上)がさらに調教。当然トラクション向上。
 ・高温多湿時露呈していた中速域の不整爆発完全解消とトルクアップ。
 ・追い越し加速力アップし、ギアダウン無しで瞬時に前へ出れる恩恵は高く安全度アップ
 ・さらにアップした高回転の滑らかかつシャープな伸びで怒涛の加速
で、その向上ぶりは他の添加剤とは一線を画し特筆に値します。1速でフル加速するとフロントが高々と上がるようになりましたが、トルクカーブがスムーズなので後ろにひっくり返る不安感はなし。加速力、登坂力の明確な向上は2割の人以外にも体感できます。

この印象は35年ほど前、モトクロスの先輩から譲り受けた、某大手バイクメーカー特別提供の、エンジン内面を精密研磨され
流体運動率がアップしたワークス同等のマシン(サスはリアサス2本時代に1本サスが奢られていたスペシャル仕様)と一般市販用を乗り比べた時の印象と同じですね。

なお、天候が高温多湿等の不利な状況下でも、燃焼が安定しており減衰症状が露呈しなくなりました!(中速のもたつき、不整爆発等)。初日に気になった異音も気にならないレベルに。

低速は中高速に比して現時点体感度低めですが、エンジンオイルとギアオイルに適正な比率でホホバオイルを添加すれば、速瀬2スーパーのほんまもんの効果が発揮できる予感がします。
  返信   編集   削除
足回り向上!
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.10.13 21:52
低速は中高速に比して現時点体感度低めですが、エンジンオイルとギアオイルに適正な比率でホホバオイルを添加すれば、速瀬2スーパーのほんまもんの効果が発揮できる予感がします。

ホホバオイルはエンジン用もギア用も、今回紹介いただいた倶楽部員オイルには不要と、きささんからご回答いただきました。速瀬2スーパーの効果をフルに発揮する為にもギアオイルをはよ交換せねばですね。



さて、速瀬2スーパーの大きな利点である車体までに至るトルネード化もトレーニングほぼ終了のようです。

愛馬は現在
・ タイヤQシート&窒素ガスが後輪のみ
・ Fサス2年前オイル交換したがRサス5年以上OH無し
の状態なのでだましだまし乗っていたのですが、それを補うような形で車体と足回り性能がアップしました!

車高が高いオフロードバイクでのオンロード・コーナーリングは脚立の上に載って物干し竿を把持してよいしょと曲がるような感覚で、舗装路でうまく乗るにはテクがいり、経年変化で不具合が出ると露骨にコーナーリングで露呈します。愛馬も27年選手ゆえ、弱点が出だしてたのですが解消されました。(添付写真はFタイヤ小径化・競技用タイヤにあわせ足回り強化したモタードのプロのコーナーリングです)

そんな状況下、投入後すぐ現れた
 ・跨った瞬間のシャキッとした感じ
 ・後輪の逃げの収まり
 ・中高速でのフレームのバンク開始時のよれがなくなり、フレームのしなりと剛性のバランスが絶妙になったのを如実に体感
 ・バンク時のセルフステアの動きが適切で不安感解消
 ・大きなうねりのギャップでのコーナリングの乱れ減少
 ・初期作動の動きが素早く往復し道路工事跡の凸凹通貨の乗り味スムーズ
といった効果が、さらにじわじわとよくなっていき、様々な形のコーナーを、オンロードマシンの如く安定してシュパーッ!と、コンパスの先にカミソリをつけたように曲がるようになりました!今回特にリアダンパーに効いたのが判りますね。ブレーキはパッドやキャリバーに青Qを塗ったときのような真綿首絞めの効き味的方向性を期待しましたが、この点は変化なし。ブレーキの作動性アップするとさらにコーナーコントロールがよくなるのでキャリパーにQシート貼るかな。

以上、速瀬2スーパーのEGフィールドがサスペンションユニット(とくに愛馬はリアダンパー)やフレームに好影響を与えている感触がビンビン伝わってくるトレーニング結果と相成りました。

次はオフロードコースで凸凹コーナーやウォッシュボード、ジャンプで足回り向上を確認しましょう。
  返信   編集   削除
オフロードでさらに真価を発揮!
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.10.14 18:18





オフロードコースを走ってみました。

ノビ―タイヤを嵌めたスペアホイルがあるのですが、時間がないので、無謀ですがオンロードタイヤのままでの試走です。

●ジャンプ&ギャップ
 ほほい!ジャンプやギャップ走行をしたら、はは、投入前はとくにリヤサスのダンパーがへたっていたのがよく判りました。300mm近いストロークをフルに上下させてみて、ビギニングだけでなく、ミドルからボトム付近までの動きが本来の猫足的しなやかさを取り戻してくれたのが、衝撃や振られの少なさからよく判ります。

 投入前の記憶では怖いハイジャンプにビビりながら突っ込んでいきましたが、着地の衝撃緩和にびっくり。2回目からは安心してアクセルを開け突っ込んでいけるようになりました。リアサスのOHお小遣い溜まるまで待てそう^^

●ガレ場
 さらに意地悪なテストとして大きな石がごろごろしているガレ場を走りました。愛馬と自分がコンマ数秒刻みで上下左右斜めに振れまくるシチュエーションで、バランスを崩しやすく、こけたらタンクが凹むかもの嫌なセクションですが、投入前と比べると、愛馬と自分が地球ゴマになったみたいに感じ、ストレスも減り楽しくなりました。

●鋭い中速ピックアップ!
 コーナー、ギャップ、ジャンプが次々と迫るコースを走ってびっくりしたのが中速の加速が凄く速くなっていることです!気温・湿度が有利な条件になったとはいえ、つい先日まで不整爆発でアクセルを開けても回転が思うように上がらなかったあのもごもご不整爆発はどこへ消えたかの勢いの良さに正直ビビりました。ジャンプやギャップの踏切りでは主に中速のピックアップを利用しサスを縮め、その反動で高く、遠くへ飛べるわけですが飛び過ぎて「キャーッ!(汗)」の場面も。

●コーナー&直線全開
 舗装路で感じたコーナー戦闘力のアップは、滑りやすいオンロードタイヤでのダート走行で、よりよく体感でき、サスとエンジン特性のレベルアップによるトラクションの向上にもただただ御見それしましたの気分です。
 そして、長い直線路での高回転全開加速は、新車時でもこんなだったっけと記憶を疑う怒涛の勢い!!タイヤがオン用なので振られまくりでカウンター当てながらの直線走りを覚悟してたのですが、なんやミサイルみたいにほぼ一直線にトラクションしながら走りよる!ほんまかいな?でも現実なんですよ、これが。

エンジンとサス、フレームにまで速瀬2スーパーのEGフィールドが効いてないと、できない現象でしょうね。これはサスがもっとへたってコーナーでよれるマイカーにも早く投入したいですね。

●低速登坂 
 低速については舗装路ではあまり恩恵を感じていなかったのですが、4輪なら4駆でしか登れそうにない急坂をわざとゆっくり登ったり、1速高いギアで入っても余裕で登れるようになってます。

●メイン舞台でフルに真価を発揮
 今回オフ用バイクである愛馬を本来の舞台であるオフロードで走らせてみて、速瀬2スーパーの効果の高さがさらによく体感できましたm(_ _)m

オフ用タイヤを履かせた前後スペアホイールを完成させて(ディスク未装着、スプロケット・オフ用大型装着予定)思いっきり走らせたいですね
  返信   編集   削除
不整爆発解消の謎?!
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.10.23 23:20
エンジン絶好調の愛馬ですが、先日ライドしていると減速ギアダウン時に回転を挙げる際に不整爆発症状が強めに出てギクシャクするので確認したところ、超結界が風呂敷に包んだままでオフ状態でした・・・

風呂敷を広げてオンにしたところ、ギアダウン時の回転の上りが4ストみたいにスムーズに!

2スト、とくに公道用モデルはエンジン焼き付き防止の為、燃料やや濃いめのセッティングがしてあるんで高温多湿低気圧では不整爆発が出てあたりまえなんで、速瀬2や超結界の効果にはうれしながらも首をひねるばかりw

とまあ、速瀬2スーパー&超結界1のEGフィールドが不整爆発を殆ど防止させているのが間違いないことが判明したわけですが、原因を考察すると
 1 噴霧された燃料や、これと同時にシリンダーに送られるオイルが細分化されている
 2 吸排気の流体がスムーズに流れるようになった
 3 リードバルブの動きがよくなった
 4 点火時期がより適切になった
 5 同機種最終型採用のARエンジンのAR燃焼に近いことが起きている
   http://www.geocities.jp/crm250ar_website/arsystem/arsystem.html
ぐらいしか私の拙い経験と知識では思い浮かばないです。

うーん、嬉しい限りだけどいったい何が起こってるんだろ・・・

4が正解、つまり愛馬のDC-CDIシステム(オフロードバイク初の電子制御添加システムだった)の働きが良くなったからでしょうか?!
 
  返信   編集   削除
不整爆発解消の謎?!
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.10.23 23:20
エンジン絶好調の愛馬ですが、先日ライド中、減速ギアダウン時に不整爆発症状が強めに出てギクシャク(汗)・・・

確認したところ、あ~!!超結界が風呂敷に包んだままでオフ状態でした・・・

早速、風呂敷を広げてオンにしたところ、あらやっぱり!
ギアダウン時の回転の上りが4ストみたいにスムーズに!

2スト、とくに公道用モデルはエンジン焼き付き防止の為、たしかノーマルは燃料やや濃いめのセッティングがしてあります。
故に、今回のトレーニング初期のような高温多湿低気圧下では、不整爆発が出てあたりまえなんですが、悪条件下でも不整爆発を解消する速瀬2や超結界の効果には、うれしながらも首をひねるばかりw

今回のトレーニングの経過から、速瀬2スーパー&超結界1のEGフィールドが不整爆発を殆ど防止させているのが間違いないことが判明したわけですが、原因を考察すると
 1 噴霧された燃料や、これと同時にシリンダーに送られるオイルが細分化されている
 2 吸排気の流体がスムーズに流れるようになった
 3 リードバルブの動きがよくなった
 4 点火時期がより適切になった
 5 同機種最終型採用のARエンジンのAR燃焼に近いことが起きている
   http://www.geocities.jp/crm250ar_website/arsystem/arsystem.html
ぐらいしか私の拙い経験と知識では思い浮かばないです。

うーん、嬉しい限りだけどいったい何が起こってるんだろ・・・

4が正解、つまり愛馬のDC-CDIシステム(オフロードバイク初の電子制御点火システムだった)の働きが良くなったからでしょうか?!

もし正解なら、DC-CDIコンピューターボックスに防守と超結界機器用を貼りつけてあげよかなw
 
  返信   編集   削除
匠の技・フリクションロス減少
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.11.01 20:32
● トレーニング最終調整=ギアオイル交換
速瀬2スーパーの効果をさらに上げるべしでギアオイルを倶楽部員に交換することにしました。
https://www.motul.com/jp/ja/products/oils-lubricants/transoil-10w30

まず、古いオイルを抜いたわけですが、あらら・・・鶯色なうえ粘度が落ちてる・・・

白濁ではないので、2スト燃料混合用エンジンオイル混入が原因です。オイルポンプのシール交換しなければ。クラッチの滑り、ミッショントラブルが生じなかったのは、ホホバオイルが混ざっていたおかげかもしれません。

気を取り直し新しいオイルを入れ試走したところ・・・
WOW!流石の倶楽部員オイル、クラッチ重視の謳い文句通りバイクがグングン進みます!\(^o^)/(回転域によって変わりますが、エンジン性能が5~10%増しの印象)


● トレーニング終了後の実感=速瀬2は匠チューン
交換後数日して速瀬2スーパーのトレーニングも終了の感、
さらに全体のバランスが取れた印象は素晴らしい!これは名チューナーによる匠の技レベルのプレゼントです!!おおきに」m(_ _)m
(添付写真はその効果に思わず思い出した伝説の名チューナーPOP吉村とNHKプロジェクトX登場の80年鈴鹿優勝マシンです)



トレーニング終了後、街中から高速、峠と走りましたが、全域アクセルレスポンス向上、排気音が乾いて音色が良くなり震動が減少、瞬間で綺麗に燃え切ってるのが伝わってきます。とくに高回転のストレスなく一気に吹け上がる様は圧巻!レブリミットに至っても余裕綽々で回り続けます。タコメーターが無いので正確には判りませんが、最高出力回転が上がってますね。各ギアの最高速アップしてます!

加速タイムアップは明白で、追い越しも余裕、特に印象的なのは高回転域の震動とトルク変動が減り、回転の上がりが速いのはもちろん、滑らかになったことです。その恩恵はコーナー立ち上がりで顕著で、トラクションコントロールが容易になり、コンマ数秒で判断する次の操作が容易になり、全体の走りがさらに高度になります。

スタンドの無い林道を走る愛馬で重要な航続距離も伸びました(舗装の街中でℓあたり14~15→17kmに)

高回転域のチューンは、低中回転域に比して各部の抵抗値がかなり大きいうえ、一部だけのチューンは駄目。そのうえ各部品をバランスよくやらないとエンジン不調か壊れてしまい、なかなかこうはいかないんですよ、ほんま。ゆえに速瀬2効果は、名チューナーやワークスによる高度な高回転チューニングと表現して差支えないと感じます。

速瀬2スーパー投入後の効果は、高回転の好変化から考察するに、点火時期の精度向上(きささん、この推測当たってますよね?)だけでなく、
  フリクションロスの減少
によるものですよね。

なお、愛馬はシリンダー内壁、ピストン、ピストンシング、シリンダーヘッドにWPCやDLC加工を施してあるので、より顕著に効果が出たのかもしれません。
http://www.fujiwpc.co.jp/faq/

  返信   編集   削除
進化へ導く効果
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.11.10 20:48


トレーニングも終了し走り回った現在、速瀬2スーパーの効果を一言で表現すると、
  「エンジンを進化へ導く」
ということです。

2サイクルバイクは、1998年の排ガス規制により国内ではほぼ絶滅状態で、世界一厳しい日本の基準値を現在クリアできるのは唯一アプリリアの50ccスクーターのみ。なぜなら、規制クリアーする2ストエンジンは製作可能なんですが高コストなのでメーカーも作らなくなったんです。

採算が合わないものは生産しない構図はレース界にも及び、ロードもモトクロスも4サイクルにとってかわられました。懐古趣味な気質はない自分だが、国内のモトクロスレースを観戦しても2サイクルの排気音が聞けない今、昔のようにはなぜか萌えない・・・(レースの騒音も甲高い2ストより4ストの低音の方が実は深刻)

添付写真は白煙をもうもうと上げるビンテージ・2ストバイクのレースシーンですが、愛馬もGe3チューンする前は白煙とオイルで後続車に嫌がられ、ツーリングでは気を遣いいつも最後尾でした。

しかし、超結界1、そして今回速瀬2とチューンを進めていって気づいたのは、2スト特有の白煙とナンバーへのオイル飛沫付着が激減していること。規制の対象である排ガス中のCO等の値を是非測定したいところです。

そしてこれまで報告してきたスムーズかつロケット的なエンジン特性への変化と、添加剤チューンとしては尋常じゃない出力・トルクアップ、各ギアの最高速アップと到達時間短縮は2割の人以外にも明白です。

白煙モクモク、ピーキーな2ストエンジンの排ガス・クリーン化とエンジン特性のスムーズ化。

これらの変化は、初期型である愛馬CRM250RKを規制に対応すべく進化させた最終到達形であるARモデルと良く似ているのです(むしろパワー感は愛馬が上!)。本日確認した燃費はアスファルトコースをぶん回し続けたのに17km/ℓで、速瀬2スーパー投入前の14km/ℓから30%増しなのでそう思わずにはいられません。
● 参考 ARモデルのメーカー発表プレス記事
http://www.honda.co.jp/news/1996/2961224.html

Ge3的エネルギーフィールドは進化=生き残りへとモノを導くのかもしれませんね。
  返信   編集   削除
速瀬2で起こる現象
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.11.19 22:21
● 参考 ARモデルのメーカー発表プレス記事
http://www.honda.co.jp/news/1996/2961224.html

きささんすみません、こちらは削除してくださいm(_ _)m
  返信   編集   削除
速瀬2で起こる現象
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.11.19 22:21
速瀬2を投入したエンジンの中で一体何が起きているんでしょう?!

はんすうする内容の書き込みになりますが、その不思議な効果を考察するに、やはり、私の初代モデルと、エンジンを大幅改良した
  最終型ARモデル
を比較すると見えてくるものがあります。

このARエンジンと同じような燃焼状況に変化したとすれば、今回初期モデルである我がバイクに速瀬2を入れた結果確認できた
  ・加速向上
  ・燃費3割もの向上
  ・不整爆発減少
も合点がいきます。

ARとは、「活性された遊離基で化学的に反応が起こり易い状態の分子構造のこと」を言いますが、速瀬2でエンジン内のガソリン、オイル、空気がとても燃えやすい状態になっているのは間違いないでしょう。

こちらの記事にヒントがあります。
バイクやクルマに詳しい方はどうぞm(_ _)m
     ↓
●二輪製品ニュース
1996年10月22日
二輪車用2サイクルエンジンの総合性能を一段と向上させた
燃焼改善技術「AR燃焼」の実用化システムを開発

http://www.honda.co.jp/news/1996/296102.html
  返信   編集   削除
オフ車と思えぬ高速道路走行
投稿者: あそーさん   投稿日: 16.12.21 18:52
速瀬2投入後、初の高速道路を走行しました(オフバイクにオンタイヤ装着)

本線合流の加速アップに驚き、もっとアクセルを回したくなる気持ちを抑え、時速100キロで巡航しました。以前よりスムーズかつ静かで振動が減ったのに、トルクが増したうえ燃焼が非常に安定してます。おかげで定速走行苦手な2ストなのに快適なクルージングを楽しむことが出来ました。

ハンドリングの向上も印象的です。さらに直進性が向上し、車高が高いオフロードバイク特有の高速道路での振れも減りました。空力特性、そして車体剛性がガチッと引き締まったことが如実に体感でき、横風で煽られての進路の乱れも減りました。オフロードバイクはその不安定さから、時速100キロ超から不安要素が常に付きまといストレスがたまるのですが、これなら長距離の移動も楽しくなりそうですね
  返信   編集   削除
関連記事の一覧   ( 表示する )
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



パスワード紛失  |新規登録
検索
XOOPS Cube 2.2 - PetitOOps Package

Copyright © Ge3